« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月14日 (火)

コロナウイルスに勝ちましょう。

コロナウイルスで世界中が大変な世の中になっています。昔からウイルスが人間に対して攻撃をしてきました。私が思うには大きな意味を持ってるような気がします。この世のことはすべてバランスだと考えるのです。つまりいろんな意味で帳尻を合わせに来るのです。人類はここ200年余りで大きく変化してきました。何か自然界を無視してきました。環境問題、温暖化、人以外の生き物に対して、自然のエネルギーのバランスが崩れてきている気がします。ウイルスと言う目に見えないまか不思議な物と闘わなくてはならなくなったと考えます。一人では退治出来ません。こうなった以上は皆で意識を高め立ち向かわなければなりません。こんな時ほど、本当の自分を試されてると思い私は素直な気持ちで自粛しています。一、二か月頑張ればまた普通の暮らしに戻れると思い、忙しい時にできなかったことをやっています。イベント、ライブ、レコーディング、その他色々全部NGです。それにしても、日本の国民を引っ張ってくリーダーがスピードよく導いてくれないとは残念で情けないです。国民と永田町は何でこんなに差があるんでしょうか。緊急事態の時は法律を超えなくては成らないときもあると思います。何しろ震災の時もそうでした。いざという時は国民一人一人がしっかりしなくてはだめですね。私は大丈夫だとか思わないで臆病になりましょう。精神的に大変だけどみんな頑張ってるんですよね。と思って頑張りましょう。コロナウイルスに勝った後はみんなでぱっとやりましょう。

|

2020年4月 1日 (水)

負けないぞコロナウイルス

今までの意識を変えて立ち向かっています。イベントは上半期全部キャンセルです。みんな頑張っています。本当に大変ですね。みんなで志村けんさんの死を無駄にしないように頑張りましょう。それにしても日本のリーダーはだめですね。自分の責任を覚悟して物事を決められないんですね。そんな人が日本のレーダーだと思うと残念です。国民一人一人が自覚してウイルスに勝ちましょう。

|

佳山明生古賀政男先生の想い出話

古賀政男音楽記念館の資料として私最後の門下生として古賀先生の想い出を収録してきました。インタビュアーは元NHKの宮川泰夫さんにお忙しい中お願いいたしました。さすが宮川さんは素晴らしい人です。私の話したいことを上手にリードしてくださいます。思うように想い出話ができました。中身は古賀記念館で映像をご覧ください。

|

佳山明生古賀政男最後の最後門下生

Dscn0678_2395 Dscn0676_2393

|

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »